2015年12月31日木曜日

「司書の書誌」特別編 司書の支持 2015

図書館に勤めているというと、「オススメの本はありますか?」と聞かれるコトがあります。

仕事上であるテーマの本を案内するのと違い、個人的な意見を聞かれると、ボクはそのヒトの趣味をほとんど知らないですし、根本的に、ヒトに何かを勧めたい欲がゼロなので、いつも答えに困ってしまいます。

なので、今回も全くオススメしたい訳ではなく、なんとなく、メディアマーカーで今年読んだ本を振り返ってみて、面白かった、影響を受けた本を集めたら、ちょうど10冊になったので、紹介してみる次第です(なので、数字は順位ではなく、単なる時系列です)。

なお、非常に多くの本を読んだ中からの厳選して選んだ本ではないので、ご注意を。
(もしかしたら、今年はこの10冊しか読んでいないというトリックかもしれません(笑))

1 『知的資本論 すべての企業がデザイナー集団になる未来』
知的資本論 すべての企業がデザイナー集団になる未来 | 増田宗昭 | 本 | Amazon.co.jp

先日、プロフェッショナルにも登場したCCC増田宗昭さん

図書館業界の中には、増田さんを巨大資本をバックに図書館を食い物にしようとしている悪の権化と思っているヒトもいるかもしれませんが(いない?)、ただ、そう思っているだけだと、ちょっともったいないかなと思います。

まずは、敵を知ることです(敵じゃない?)。

同じ増田さんの、

Amazon.co.jp: TSUTAYAの謎: 川島 蓉子: 本

は、対談形式になっているので、さらに読みやすいかもしれません。

自分には全くない、「未来を見る(見ようとする)」視点の大切さを実感。

2 『ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。』
ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。 | マイク・マクマナス, ヒューイ陽子 | 本 | Amazon.co.jp

今年のドアタマにこの本を読んだコトで、今年1年は、非常によい年になりました。

「好きなコトをやれ」という本は多くありますが、それを「全て同時にやれ!」と説く本は、あまりないかもしれません。

どうしても時間の制約があるので、これまで、なるべく絞って、本当に好きなコトだけに集中・制限しようという方向ばかり考えていまいしたが、「あ、全部やっていいんだ」と教えてもらった一冊。

おかげで、サッカーラーメンに、自信をもって復帰しました(笑)。

3 『題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術』
問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術 | 佐藤 オオキ | 本 | Amazon.co.jp

今年は何かと話題になった日本のデザイン界ですが、間違いなく、現在のトップランナであるnendo佐藤オオキさん

内容(実際の問題解決方法)もさるコトながら、それ以上に、自分にとっては、その「書きぶり」(職場内流行語)がよかったです。

こういう語り口・切り口で、自分の業界のコトを外のヒト達に紹介したい!と思わせてくれた一冊です。

4 『炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学』
炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書) | 夏井 睦 | 本-通販 | Amazon.co.jp

少し前から、盛んに「糖質制限」というコトバを聞くのですが、コレだったんですね。
去年は、年末に読んだ食べない人たちという本を読んで大変ショックを受けたのですが、今年はこの本を読んで影響を受けました。

で、一時期は、完全に控えようと思ってガンバっていたのですが、やはり、お米はおいしくて(最近、さらにおいしいお米もいただき……)、結局、食べ過ぎるまでに逆戻り……

5 『シンプルに考える』
Amazon.co.jp: シンプルに考える eBook: 森川 亮: 本

筆者はLINEの元社長。

「とにかくユーザのために」「まずはユーザを増やす」という考え方は、自分の仕事にとっても非常に参考になりました。

6 『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか』
できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書) | ポール.J・シルヴィア, 高橋 さきの | 本 | Amazon.co.jp

文章を書こうという時に思いつく言い訳(時間がない、道具がない……)がことごとく論破されていて、むしろ、爽快です(笑)。

「とにかく、執筆スケジュールを決めて、それに従って書く」。

敬愛する森博嗣さんも全く同じことを言っています。

ただ、凡人には、言うはやすしなのですが……

7 『職業としての小説家』
職業としての小説家 (Switch library) | 村上春樹 | 本 | Amazon.co.jp

大好きな村上春樹さんの背景が分かるだけでも十分価値がありますが、その語り口(文章)は、やはり、酔っぱらいます。

そう、ボクにとって、この文章に「酔っぱらえる」というトコロが、村上さんの最大の魅力です(つまり、ストーリィはよく分かっていない)。

そして、またもや影響されやすいので、数年ぶりにランニングを再開しました(そして、早くも中断中……)。

8 『彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?』
彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ) | 森 博嗣, 引地 渉 | 本 | Amazon.co.jp

今年出た森さんの小説では、もちろん、マインド・クァンチャもおもしろかったのですが(本当に、アレで終わるのでしょうか?)、この作品には、おもわず引き込まれました。

ボクが好きなタイプの未来モノ。

で、やっぱり、思った通り、あのヒトが出てくるという……(笑)

9 『「ない仕事」の作り方』
「ない仕事」の作り方 | みうら じゅん | 本 | Amazon.co.jp

衝撃の一冊。

「とんまつり」「見仏記」はもちろん、あの「ゆるキャラ」ですら、最初は関係者(奥村チヨさんに至ってはご本人から)にお叱りをちょうだいしていながら、最終的には世に認められ、ご本人達から感謝されるというのは、結局、一見、バカにしているように見えながら、その根底に「とにかく好きだ!」という、強い思いや愛情が溢れているから。

仕事術というよりは、自分は一体、そこまで好きなモノがあるか?好きでい続けられるモノがあるか?と突きつけられた1冊です。

10 『アウトラインから書く小説再入門 なぜ、自由に書いたら行き詰まるのか?』
アウトラインから書く小説再入門 なぜ、自由に書いたら行き詰まるのか? | K.M. ワイランド, シカ・マッケンジー | 本 | Amazon.co.jp
アウトラインから書く小説再入門 なぜ、自由に書いたら行き詰まるのか? ...

あこがれの森さんが、この本でいうトコロの、典型的な「パンツァー」(全くプロット等考えず、いきなり書き始めるヒト)なので、どうも、アウトラインを書くというのに抵抗(?)があったのですが、結局自分の場合、それでは何も進まなかったので(笑)、もしかして、こうすればなんとかなるのかもと思えた1冊。

ただ、恐ろしいのは、この本に従って、これだけ苦労してアウトラインを完成させても、肝心の小説自体は一行も書けていないという……


以上、何かの参考になったでしょうか?

少し前に、本棚の10冊で自分を表現するというのがハヤリましたが、自分では気づかないボクの性癖のようなモノが分かりましたでしょうか?(笑)

2015年12月24日木曜日

「司書の書誌」第4回 司書の所持

興味のない方は全く気が付かないと思いますが、以前より、図書館での本の切り取り被害に関する報道が増えています。

報道が増えたのは、図書館への関心が高まりつつあるのが原因かもしれませんが、単に、以前より件数が目立って増えてきているのかもしれません……

図書館における切り取りや書き込み、また、汚損・破損は、本当に深刻な問題です。
悪意がある場合は言うまでもありませんが、たとえ悪意がないうっかりでも(雨の日にカバンに図書館の本を入れておいたらビショビショになったとか、本ごと洗濯してしまったとか、ペットが齧ったとか……)、本に対して非可逆的な損傷が加えられるという点では全く同じです。

さらに、本の一部ではなく、全体がなくなる「盗難」もあります。

もちろん、図書館でも対策は講じていますが(被害にあいやすい資料は目立つトコロに置く、出納処理が必要な書庫資料にする、BDS(勝手に持ちだすとブザー鳴るアレですね)を設置する等)、完全には防ぎきれません。
そもそも、正規の貸出を受けても、そのまま本が戻ってこないコトもあります。
(意図的な場合もありますが、それ以外でも、様々な理由があります)

それでもまだ、弁償その他の方法で再入手可能な本はいいですが、絶版等で既に新しいモノが買えない場合は多いですし(特に、雑誌は絶望的)、モノによっては、世界にその1冊しかないコトもあります。

図書館というのは、公共の資産を、いっときでもほぼ専有し、自宅に持って帰って使用・利用できる、非常に稀有な施設だと思います。

もちろん、図書館以外にも公共のレンタル事業はありますが、それらはある程度、最初から使用による破損・劣化が想定されているような気がします。
図書館でも、絵本については同様な場合もありますが、それ以外の本は、本の中身(コンテンツ)だけが利用され、その容れ物(コンテナ)は、基本的には不変であるという前提で制度設計がされています。

以前、カウンタで、「こんな(非常に高価な)本まで貸し出しが可能だなんて、この図書館は我々利用者を信頼してくれている」と言われたコトがあります。

そうなのです。
図書館の貸出の前提は、図書館と利用者の相互の信頼の上に成り立っているのです。

ただ、図書館の本は、(一部、寄贈はありますが)税金で購入されている、納税者(利用者)のモノです。
そのため、可能な限り、利用者に自由に使ってもらいたいのはやまやまですが、一方、我々図書館員は、それら、全納税者からその本の管理を任されている以上、適切に本を保管・保存し、全ての利用者に平等に提供する責任があります。

そして、残念ながら、図書館に勤めていると、「自分の本でないから大事にするヒト」と、「自分の本でないから粗雑に扱うヒト」がいるように思います。
そのため、やむをえず利用を制限せざるを得ない場合もある訳です。

切り取りの記事等では、よく、「利用者のマナーに訴えるしかない」というような発言を見かけますが、その部分て、マナーというか、もっとヒトとしての在り方の問題のような気がします。

図書館には、「利用者教育」という、ちょっと上からの用語もありますが(笑)、う~む、もちろん、そこでもないですよね。

どうしたらよいのでしょう?

2015年12月17日木曜日

「司書の書誌」第3回 司書の印象

みなさん、「司書」というと、どのようなイメージを持っているでしょうか?

最近では、億男という小説でまさに記号的に使われていたと思うのですが、なんとなく、「地味で目立たない仕事をする真面目だけど無個性なヒト」みたいなイメージではないでしょうか(言い過ぎ)。

近年でこそ、夜明けの図書館図書館の主といった漫画のおかげで、以前よりはだいぶ認知度も上がってきたと思うのですが、それでも、『キャプテン翼』『スクール・ウォーズ』を見て、周りの友達が、あれよあれよとサッカーやラグビーを始めるのを見てきた世代としては、まだまだ世間に対するインパクトという点では物足りない感じがします。

ただ、翼くん達は、なにもサッカーやラグビーを広めようとした訳ではなく、まず、作品自体の爆発的な人気があって、それに伴い、いつの間にかその題材も広まっていったという構造だと思うのです。

そういう意味では、図書館を舞台にした作品では、唯一、図書館戦争がそれにあたるでしょうか?

ただ、この作品の場合、これを見て司書なろうと思ってもらっても、現実はだいぶ違うのですが……(笑)

いずれにしても、そういうエンタテイメントのチカラをお借りしてでも、もっと「司書はカッコいい!」「図書館はおもしろい!」と知ってもらいたいのですが、ただ、媒体が漫画や小説だと、それを読んでいるヒトは、元々図書館も好きだろうと予想されます(笑)。

なので、世間に与える影響力を考えると、やはり、テレビの方がより効果的ですし、その中でも、見る層が限られるアニメより、ドラマの方がより広い層にアピールができるでしょう。

そういう意味では、世間の司書のイメージは、「素顔のままで」安田成美さんか、はたまた、「ビューティフルライフ」常盤貴子さんなのかもしれません。

え?知らない?(笑)

で、今後を考えると、最近は、ドラマもなにかと低視聴率が話題になっているので、できれば、バラエティドキュメントの方がよいのかもしれません。

そこで、狙うは、情熱大陸プロフェッショナル

ウチの職場には、個人的に、それぞれの番組に近い職員さんはいると思うのですが、やはり、そう簡単にはオファーは来ません。
(来ているのを知らないだけかもしれませんが)

というコトは、あとはバラエティか。

う〜む、どうやったら出れるんでしょうか。

いずれにしても、もし、司書としてバラエティに出れた場合は、「カリスマ司書」とか「チョイ悪司書」とかいったキャラ付けも必要ですね。

……え?これも知らない?(笑)

2015年12月10日木曜日

「司書の書誌」第2回 司書の私書

前回と同様、「図書館に勤めている」と言うとよく言われるコトとして、「ヒマな時に本が読めていいね」というモノがあります。

う~む……
ヒマな時に本が読めるのは、特に図書館に限ったコトではないと思うのですが……

それはともかく(笑)、確かに職場には本が溢れているので、言いたいコトは分かるような気がしますが、ただ、この言説に図書館員がなんとなく反発を感じるのは、おそらく、発言が、「本が読めていいね」より「ヒマ(そう)」に重点を置いているように思えるからではないでしょうか。

「ヒマちゃうわ!確かに、カウンタではピッピしてるだけに見えるかもしれんけど、実は、こんな仕事もこんな仕事もこんな仕事もあって……」

と、思わず言いたくなりますが、そんなコトを言っても、実際のトコロはなかなか理解してもらえません。

なにせ、誰でも自分が一番忙しいと思っているので(笑)。

ただ、ボクは全く別の方向から、この言説に疑問があります。

というのは、職場の事務室で周りを見ていると、みなさん、ヒマな時……なんてないので(笑)、正規の休憩時間(昼休み等)に、仕事以外の個人的な本を読んでいるように見える職員さんが、ほとんどいないのです。
自分を含めて、片手で足りるくらいというか……

もちろん、休憩時間は英気を養うためにしっかり休むべきですし、その時間くらい目を使うコトから離れたいというのは分かります。

ただ、みなさん、パソコンやスマホは見ているのです。
それで、電子書籍を見ているという可能性は、もちろんありますが(笑)。

一般的に、図書館員てどんなイメージを持たれているか分かりませんが、なんとなく、子供の頃から何より本を読むのが大好きなヒトが、勢い余ってなってしまう職業のように捉えられていると思います。

確かに、今の図書館は、コンピュータやWebに強いヒトが求められている部分もあるので、ハナから、「私、"機械"は苦手で……」というヒトも困りますが、ただ、その代わりに、とにかく本が好きで、本の世界には圧倒的に詳しいというなら、それはそれでスゴくよいと個人的には思います。

特にこれからは、むしろ、そういうヒトの方が求められているような気がするのですが……

まぁ、みなさん、そんなにガッツかなくても、お家に帰ってから、ゆっくり読書をされているんでしょうね。
そうでしょう、きっとそうでしょう(笑)。

「ヒマな時に本が読めていいね」

と言われた時、

「ヒマな時だけじゃなく、忙しい時ですら、いや、忙しい時だからこそ本を読むのが図書館員なのです!」

……と、言いたいモノです(自戒)。

2015年12月3日木曜日

「司書の書誌」第1回 司書とショシ

今回から、図書館にまつわるエッセイを、「司書の書誌」と題して、定期的に連載( ← かつて、いくどとなく挫折)したいと思います。
図書館業界以外の方に、少しでも図書館のコトに興味をもってもらったり、理解してもらえたらウレシいです。

そして、いずれは、それをまとめて電子書籍に……(笑)

さて、早速ですが、「図書館で働いています」と言うと、かなりの高頻度で、

「じゃぁ、ショシさん?

と言われます。

しかも、割りとドヤ顔で。

そこまで自信満々で言われると、なぜか申し訳なくて、「まぁ、ショシっていうか、シショなんですけど……」と、遠慮がちな訂正に終止しますが、改めて申し上げておくと、図書館の場合は「ショシ」ではなくて「司書(シショ)です。

まぁ、一般的には「司書」よりも「行政書士」なんかの方がずっとメジャだと思うので、ある意味仕方がないとは思いますが、それでも、これだけ頻繁だと、やっぱり寂しい……

しかし、ややこしいのは、正しく「司書」と覚えていただいても、図書館に勤めている人間が全員司書かというと、必ずしもそうでもないというコトです。

図書館も、地方自治体の一機関なので、行政の全く違う部署から配属されるヒトも多く、そういう方達は、図書館(職)ではあっても、司書ではありません。

ただ、そういう方達の中でも、図書館に配属後、個人的に司書資格を取られる方も多いので、こういう方々は職名はともかく、資格的には「司書」ですし、一方、ボクを含め、最初から「司書職」として採用される人間もいます。

つまり、みなさんは、図書館のカウンタ等で接する職員は十把一絡げに「図書館にいるから司書さん」と思われているかもしれませんが、その中には、いろんなレイヤの職員がいるというコトです。

一方、国会図書館の場合は、司書資格がなくても、職名が「司書」だったりするのですが、まぁ、それはごく例外として。

あと、「市町村立図書館」「都道府県立図書館」の違いというのも、なかなか分かってもらえません。

利用者からすれば、普段、自分が図書館を使う段において、最も(そして、唯一)大事なのは、自分が読みたい本があるかどうかであって、市町村立図書館をバックアップするとか、「棲み分け」とか、さらには「ミドルウェア」なんていっても、全く無関係なのです。

そんなコトよりも、「なんでベストセラが置いていないんだ!」と(笑)。

とにかく、この業界のコトがよく分かってもらっていないために、日々、カウンタを中心に、いらぬ誤解や不幸が起きます。
ただ、それは、利用者ではなく、こちら(図書館)側の努力不足が原因です。
あきらめるコトなく、みなさんに図書館のコトを知っていただく努力をしなくてはいけません。

とは言え、未だに昔からの友人に会うたびに、「shimanyって、市立図書館やったっけ?」と聞かれるのは、やっぱりイラっとしますが(笑)。